日曜日

クーラーボックスとスタイロフォームで蓄冷クーラーを作る(実験)③

2013.7.7(日) 天気は快晴湿度は低い感じ、昨日とは違う部屋にボックスを設置。
床上50cmほどの机の上。カーテンは閉めて直射日光は受けないが全く日光が
当たらないわけではない感じ。



14時50分 スタート 15時50分は14時50分の間違い32は34の間違い



15時50分(1時間経過) 31.8は33.8の間違い
16時50分(2時間経過) 31.5は33の間違い



17時50分(3時間経過)  31.5は33の間違い





18時50分 (4時間経過)




残った保冷材をみてみます

緑ペットボトルは太めのお茶2リットルボトル、は普通2リットルボトル
水色は保冷材750g

灰色の点線はパイプの設置位置、黒の点線は扇風機の設置位置

全部溶けて冷たい・・・緑ペットボトル
3割溶けて冷たい・・・赤ペットボトル
※【前回】 2リットルベットは半分くらい氷が残っていました。(1本のみ)

上からみてファン側にある右側縦列の保冷材3つ
全部溶けて冷たい・・・右上(正面から見て右奥)の1つ
8割溶けて冷たい・・・残りの2つ(底側が凍っている)

※【前回】完全に溶けてほぼ冷気がないのがファン側の750g保冷剤3つ

上からみてパイプ側にある左側縦列の保冷材3つ
2割溶けて冷たい・・・左上(正面からみて左奥)と真ん中の2つ
溶けてない・・・ペットボトルと隣接する手前の1つ
※【前回】冷気はあるが半分以上溶けてる保冷剤3つ

前回の気温よりも少し高い32~34度という気温下でしたが
凍った残量をだいたい比較して図にすると以下のようになります。
 



わかったこと
ファンに近いところほど外の熱気を受けるので溶けやすい
つまり天井側のほうが溶けやすいので四角い保冷剤は上のほうから溶けていく
隣接する保冷物がたよりないところほど溶けやすい
保冷物を2リットル増やすと冷却保持時間が延びそう
保冷物を2リットル増やしてもさらに冷たくなったようには感じなかった

関連記事

0 コメント:

 
*/モバイル用CSS*/