木曜日

41話~42話「Apple iPad発表会漫画」「iPadガール漫画」





※iPadについては電子書籍やその他様々な可能性についてメディアで語られていますが、私が今回の発表会で最も印象を強く受けたのは499ドルという数字でした。


火曜日

広報漫画:百化の新刊イラスト画集「戦」の作家を分析してみた








※キャッチコピー(適当)をセットで合わせて覚えてもらうという実験作品です。

百化の公式活動に含まれてない、個人による独自の広報活動です

※漫画内で分析した絵描き本人の絵は、この漫画の中の絵とは比べ物にならないくらい素晴らしいです。しかし、このような切り口で紹介することで興味をもつ人がさらに増えるといいなと思います。


sukechanが広報漫画を描いた百化の新刊「戦」情報はこちらから
このフルカラーイラスト画集は東京ビックサイトにて「コミティア91」という創作本の即売会で販売します。通販についての情報は入り次第お伝えする予定です。



【関連記事】
>>新刊オムニバス本告知


    月曜日

    新刊オムニバス本告知



    ペンが通った後に生き残った余白はない「描き込みのshirakaba」
    天真爛漫な発想で下半身の錠前がはずれっぱなし「床ずれのneko」
    そして彼らのような狂犬だけでなく、日光に当たらないpixiv絵描きから
    森にいっぱなし少女絵描きさえも陽の元へ引きずりだそうとする
    「国籍不明アジアントライブ虎硬」
    彼ら率いる新鮮組ユニット「百化」が秘密に秘密を重ね、
    満を持してリリースする新作は何とフルカラーのオムニバス画集!
    赤字覚悟のこだわったハイクオリティ印刷。
    虎硬曰く、「これほどの作品集はおそらく存在しない。」

    今回のテーマは「戦(いくさ)」
    我々が筆を持って赴くのは戦争ではない、これは戦(いくさ)なのだ。
    sukechanもアクリル絵具で切り込み参戦。
    A4サイズの見開き戦をその目でしかと確かめろ!



    サークル百化より新刊「戦」をリリースします!

    =概要=
    32ページ/フルカラー/1000円

    =参加メンバー=
    虎硬「orga battle」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=3646
    1047「ruins/仇」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=24090
    卍「t0t2」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=8229
    moge「海の王子」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=93808
    neko「開戦」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=647995
    雷雨「freedom fighters」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=158735
    派手な看護婦「戦」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=303023
    sukechan「丘山鬼侍」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=235683
    miki_0「陰陽互根」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=56008
    shirakaba「Norsupyssy」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=10163
    ざいん「numnomina」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=47880
    とりかわ「silver near family」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=212336
    にほへ「うさちゃん大戦争'10」
    http://www.pixiv.net/member.php?id=2162

    =詳細=
    http://100cca.anofelus.com
    内容サンプルもあります。

    「百化」の戦特設ページはこちらから 
    *ページ内に大きく載っているFLASHに映るイラストは
    作者のイメージであり、「戦」にのる絵とは異なります。
    本誌に載る絵はページ下部のロゴにマウスを乗せると
    表示されるサムネイル(部分です)を参照してください。


    【関連記事】


    日曜日

    「命の認識」





    遠藤秀紀の文字で始まり
    遠藤秀紀の文字で終わる
    しかし彼は文字を消せと言う
    撮影することが許されない部屋で
    一人の絵描きは「死の誕生」に立会い
    もう一人の絵描きは全てを家に持ち帰る

    土曜日

    ブラウザで絵本を閲覧/ICDL(国際児童デジタル図書館)

    ICDL(国際児童デジタル図書館)へのリンク


    ・目標
    少なくとも100の言語で1万冊のデジタルコレクションを作成
    言語の壁を超え、世界中の子供たちが相互の文化を理解


    ・会長の言ってたこと
    毎日のようにニュースメディアは、異文化からくる人々の間の誤解、不寛容、
    およびむきだしの攻撃性を報告します。
    土地、水源、宗教をめぐる古い論争と文化的な習慣は不寛容をあおります。
    子供たちは地域のコミュニティの文化や姿勢を吸収します。
    その結果、不寛容のサイクルは世代から世代へと渡ります。
    しかし望みはあります、研究では共有する個人的な経験の姿勢を
    変えることができるということを示しています。
    子供が他の文化圏の児童書を読むとき、変化は起こるのです。
    (以下略)
    Tim Browne
    ICDL Foundation, Executive Director
    email: tbrowne@childrenslibrary.org



    (翻訳:Google翻訳、Excite翻訳、感覚翻訳)
    会長の言葉はこちら



    ・ツール開発について

    メリーランド大学のヒューマンコンピュータインタラクション研究所
    1週間に2回放課後の数時間を使って7-11歳の6人の子供と大人が共同研究


    図書館には、非常に簡単なデザイン信条がある、子供たちにとって最高のデザインとは
    子供たちによるものである。



    ・閲覧について
    11言語で利用可能。
    かなりの大きさまで拡大可能。
    フルスクリーンモードあり。
    英語以外でも、あらすじなどを日本語で見られる本もある。(言語のプルダウンから)
    無料でコレクションの全てを閲覧できるがダウンロード、プリントは不可能な仕様。
    メインのコレクションは1500冊ほど。
    約40%が歴史的に重要なパブリックドメイン、約60%が現代の著作権をもつもの。
    Java6.0のインストールが必要な本もある。
    原作者、イラストレーター別で検索も可能。この機能がありがたい。


    ・サインアップすると何ができるか

    サインインしたあとに



     Main Collection
     Baldwin Collection
     CLRC Collection
     Google Books Collection
     Jordan Collection
     NCLC Collection


    すべてにチェックを入れると約4000冊のコレクションが見れるようになる。
    (そのうち国別検索を利用すると北米とアメリカ合衆国の本が3000冊を占める)
    マイコレクションを作ることができる。
    ソートの様式を保存することができる。


    ・おもったこと
    simple viewerは見た目でボタンを直感的に扱える仕様になっていて本を探しやすい。
    "受賞した本"ボタンはあるが、"人気の本、売れている本、おすすめの本"という
    ようなボタンはない。

    国別で本を探すこともできる。
    日本の絵本なさすぎ。「ショタ金太郎」と昔の絵本が10数冊あるだけ。
    世界的に重要な賞をとった日本の絵本ないのかなあ。
    イランなんて2000年以降に出版された絵本がガンガン入ってるのに。
    自分にとってイランは「イランイラクの戦争」の"イラン"という文字でしかなかったが、
    ここでイランの絵本見てみたらイランやべえwwwwwwってなった。
    イランの絵本の本文を読むためにペルシャ語を勉強したいくらいだ。

    中にはすごく色や形に対して拒否反応を示してしまう絵
    (例えばモンゴルのCircus figuresはしんどいww原色wwwアメリカを超えてるww 
    でも同じモンゴルでもA boy named Tovuudaiは線画かっこいい)
    があってそういうのを見ると日本の絵本でもっといいのがあるから
    それを収録しろよとか思いそうになるけど、それこそが自分の絵に対する
    「不寛容」なのかもしれない。


    sukechanのお薦め絵本リンク

    「Kintaro」 Editor - Tokiharu Toriumi 表紙のバタ臭さで閲覧しないのは不幸。本文の絵はpixivにアップされていればタグにショタがつくぐらいの美麗な金太郎。動物のデフォルメはさすが日本。狸とがりすぎ。 http://dz5x5.tk
    posted at 06:27:55
    「kimya」Shabaviz Publishing Company - Iran 今までで一番女の子がかわいい。植物と装飾の混じり方がうるさすぎず素敵に仕上がっている。 http://9aa9v.tk
    posted at 06:19:48
    「A rainbow of shoes」 Illustrator - Amir Shaabanipour ハイクオリティ。絵はすごいことをしててとても真似できない。キャラはキモ気持ち悪く狼が出っ歯 http://5nlbc.tk
    posted at 06:10:41
    「The fox」 Author - Kambiz Kakavand Illustrator - Amir Shaabanipour 見下ろし型絵本。ハイクオリティ。動物のデフォルメ、狐の尾にどきっとする http://gf7z5.tk
    posted at 06:08:22
    「The most beautiful place」 Author - Laleh Jaafari Illustrator - Saba Maasoumian 気持ちわる鬼才 http://jnz2j.tk
    posted at 05:53:04
    「Sovereign and the clown」 Illustrator - Roudabeh Khaef 日本の雑貨屋にポストカードが置いてありそうなシンプルなキャラクターと、色数を抑えながらも鮮やかににじむ背景。と思ったらイランw http://34j0n.tk
    posted at 05:46:58
    「The red ladybird」 Illustrator - Marjan Vafaeian 話は全くわからなかったが、町の情景を子供が描く図のように表現。色のコントロール、描き込みがハイクオリティ http://6dzqc.tk
    posted at 05:09:25
    「The red sock」 Illustrator - Sharareh Khosravani 色は最カワ(最高に可愛い)しかし目がエロく、ちびまるこのキャラに見えてくる。かわいさに集中しすぎると物語をまったく見ていないことに気づいた http://qsnqm.tk
    posted at 04:54:54
    「All Love and four brothers」 Illustrator - Lisa Jamileh Barjesteh Lisaの絵は色使いや建物に日本と中国のような雰囲気を感じさせる。人物は漫画的な造形でとても愛らしい。黒が美しい。 http://w89u9.tk
    posted at 04:43:09
    「Redskirt」 Author - Farideh Khalatbaree 15人を超えるイラストレーターが「赤ずきん」をリレー形式でつなげてくオムニバス絵本。 http://i2rlw.tk
    posted at 04:35:59
    「It was spring」 Illustrator - Sharareh Khosravani 本文1ページ目の作者とかの名前をレイアウトしたページがすごくかわいい http://y38jj.tk
    posted at 04:28:50
    「Grandson and grandpa」 Author - Mohammad Reza Yousefi Illustrator - Sharareh Khosravani 自分の中での厚塗りってこういう感じのを指す。目がえろいのが気になる http://wlja4.tk
    posted at 04:23:56
    世界各国の絵本1500冊ぐらい閲覧できる児童書データベースの中にある、賞を受賞したイランの絵本、色がやばい。色だけならリサガスより深い。「Address」Shabaviz Publishing Company - Iran  http://9tdrp.tk
    posted at 04:11:19


    「Rip Van Winkle」 Author - Washington Irving Illustrator - Arthur Rackham イギリス産。カバーの高級感。絵が上手すぎる。ファンタジーの巣窟。 http://anqlb.tk
    posted at 12:09:58
    「All we need are dragons」 Illustrator - Dušan Petričić セルビアの絵本。キャラは少し気持ち悪い。表紙と裏表紙がいい。子供の頃に外国の絵本を見て変なところへ連れて行かれた気分を思い出す http://ojmi2.tk
    posted at 11:40:47
    「Little Red Riding Hood」 Author and Illustrator - Kárpáti Tibor ハンガリー。ドット風絵本。説明がなくても何をしているのかが非常にわかりやすい。狼に食べられるシーンで吹く http://uflqp.tk
    posted at 11:34:00


    「Salt and sugar」 Author - Majid Shafiee Illustrator - Ali Reza Goldouzian イラン。ぶっとんだ線画センス、脱力すればするほど力が増すとはこのこと http://2q1oe.tk
    posted at 13:37:27
    Jamshid and Khorshid Author - Farideh Khalatbaree Illustrator - Sahar Bardaee イラン。これも雑貨屋に置かれそうな、平面構成がとても美しい絵葉書のような本 http://7gt0t.tk
    posted at 13:20:08
    「Black pencil and red pencil」 Illustrator - Ali Reza Goldouzian 国際絵本原画展で記憶に残ってた本がここにあるとは。賞をとっただけある。 http://3ph6o.tk
    posted at 13:05:39


     
    */モバイル用CSS*/